スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZRXに カーボンステッカーを貼りつけてみました。


素人が綺麗に貼り付けるのは難しい

こんにちは!
管理人です

僕の普段の移動手段はバイクです。

もう9年くらい乗っているKawasakiのZRXも

プラスティック樹脂の塗装が痛み、クリア塗装がはがれてきました。

塗装の見積もりをしてもらいましたが、塗装するより、部品交換したほうが安いとの事(-_-;

走行には支障ないので、そのまま乗っていましたが、

ネット通販でカーボンステッカーなるものが安価で手に入るのを発見!

ライムグリーンではなくなりますが、チャレンジしてみる事にしました。


IMG_2556.jpg

IMG_2555.jpg

IMG_2554.jpg


今回購入したカーボンシートは152センチ×1メートルという大きさのものです。

ロール状で梱包され届きました。

これだけの大きさなら失敗してもやり直しできそうです。

まずは必要な大きさにカットします

YouTube等でカーボンシートの貼り方を投稿されている方は沢山おられるので、参考にしながらやってみます。

貼り付ける要領はウインドウフィルムの貼り付けに似ていますが、フィルムとの違いはくしゃくしゃになりやすい事です。

あと、フィルムより伸縮性があるため、曲線部分伸ばしてフィットさせれます。

ただ、失敗なく作業するには経験が必要で、要領がわかっている人が二人以上で行ったほうが良いでしょう。

ステッカーを床に置きシール部分を上にして剥がす


ステッカーを張るものが、小物で、取り外せるものの場合は、

シート同士がクシャクシャになって引っ付くのを防ぐため、シートのほうを床に置いて、そのうえから貼り付ける部品を置いたほうがきれいにできます。



IMG_2562.jpg

ステッカーは真ん中から端に向かって貼り付けたほうが貼りやすいです。

真ん中部分に部品を置き、ひっくり返して真ん中から端に空気やシワをとりながら密着していきます。

曲線部分はシワやたるみが出てくるので、ドライヤーで熱して伸ばし、貼り付けます。

この時に一部分だけを伸ばしすぎるとシートが薄くなり破けてしまうので均一に伸ばし、一気に貼り付けるようにすると良いです。

この作業は一人では厳しいと思います。



IMG_2563.jpg

破けちゃいました(-_-;)


IMG_2564.jpg

端の目立たない細かい部分は

その部分だけ先に貼り付けたほうがよさそうです。



IMG_2561.jpg

IMG_2560.jpg


今回は、サイドカウル、テールカウル、フロントフェンダーカウルを貼りつけました。
写真では綺麗にみえますが、

曲線の多いフロントフェンダーはシワが取り切れず、ちょっとダメです((+_+))

作業時間もそこそこかかるので、時間があるときにもう一度チャレンジしてみようと思います。


IMG_2565.jpg





スポンサーサイト




スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示